田園調布学園大学の特徴や就職率に関する気になる情報

田園調布学園大学の特徴や就職率に関する気になる情報

田園調布学園大学の概要

田園調布学園大学は社会福祉に関わる専門家の育成に力を入れている大学です。学部は、人間福祉学部と子ども未来学部の2つがあります。

人間福祉学部社会福祉学科は、社会福祉全般に幅広く関わる人材を育成する社会福祉専攻と高齢者福祉に特化した介護福祉専攻に分かれています。心理福祉学科は、社会福祉と心理に精通した専門家を育成するための学科です。子ども未来学部では子どもの教育を専門的に学ぶことができ、実習を通して保育士をはじめとした子どもに関する様々な資格の取得を目指します。

また田園調布学園大学では少人数教育を重視しており、教員によるアドバイザー制度や学生が希望する教員と自由に相談ができるオフィスアワー制度などが設けられ、学生1人1人へのサポート体制が充実しています。

Point①実習に力を入れている|田園調布学園大学の特徴

Point①実習に力を入れている田園調布学園大学では、各実習に参加する前後に指導時間を設けて万全の体制で学生を実習へ送り出します。実習には介護福祉士などになるための福祉実習や教員免許取得のための教育実習、そして保育実習などがあります。

事後指導終了後には実習報告会を開いて、学生同士情報を共有し合います。また田園調布学園大学に設けられている実習センターでは、実習先と学生のパイプ役になるべく、様々な調整を行っています。

Point②アドバイザー制度がある|田園調布学園大学の特徴

Point②アドバイザー制度がある田園調布学園大学では、教員が学生と強固な信頼関係を築いています。大学に入学したばかりの学生は心配や悩み事がたくさんあるものですから、1年次と2年次には1人の教員が相談に乗ってくれるのです。

授業のことだけでなく、学生としての生活や進路指導など多岐にわたります。田園調布学園大学の3年次になるとゼミなどの専門科目を担当する教員がアドバイザーとなり卒業に向けて学生を導きます。

>>卒業生の声を聞いてみよう!

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介