中部学院大学の特徴や就職率に関する気になる情報

中部学院大学の特徴や就職率に関する気になる情報

中部学院大学の概要

中部学院大学は女性の自立のための教育を建学理念として、1918年片桐竜子により創設されました。そして第2次世界大戦後は、キリスト教主義学校となりました。

中部学院大学のキャンパスは、関キャンパスと各務原キャンパスの2つがあります。関キャンパスには人間福祉学部・リハビリテーション学部・通信学部があり、各務原キャンパスには子ども学部と経営学部があります。

在学中に取得できる主な資格は、社会福祉士や介護福祉士などの福祉関係、中学校・高校教諭の教員免許(中学社会科、高校公民、福祉)も取得できます。また子ども学部では、幼稚園教諭免許や小学校一種免許など教育関係の資格も取得することができます。

Point①就職率が高い|中部学院大学の特徴

現在、さらなる発展を続けている大学の1つに中部学院大学という大学があります。2014年4月には、看護リハビリテーション学部に看護学科が新設される流れとなっています。

近年、看護や医療に携わるスタッフが不足する傾向にあるため、専門職の育成が急がれています。中部学院大学には独特のカリキュラムがあり、Point①就職率が高いという特徴を持っています。学生の主体性を重視して、高い水準の教育を実施しています。

Point②奨学制度が充実|中部学院大学の特徴

中部学院大学には、通っている学生をサポートするシステムが整えられています。お金の問題で学ぶことを諦める学生を、少しでも減らすように務めているのです。

特に、Point②奨学制度が充実している点は大きな特徴と言えます。奨学金の助けを受けることができれば、学生が安心して勉強を続けることができます。将来的に医療・福祉の専門職を目指す学生にとって、落ち着いて勉強することができる環境は、必要不可欠なのです。

>>気になる大学の評判は?

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

         

人気の文系大学10校を徹底紹介