高3秋の勉強法!
大学受験まで
あと少し

夏が終わり、秋が深まってくると…いよいよ入試本番が近づいてきます!ここまで来たら、できる限り多くの時間を勉強時間に充てて、入試本番まで駆け抜けるしかありません。皆さんのために最高の学習計画を伝授します♪

〜高3秋の学習計画〜

  • 現代文:秋からは制限時間を意識した勉強に切り替え!速度アップが至上命題!
  • 古典:今まで書き込みながら行っていた品詞分解&現代語訳を脳内処理!
  • 英語:制限時間重視にシフト!品詞分解を脳内処理する方向へ!
  • 地歴:第1次大戦から現代までを10月までに終わらせることが重要!

9月を迎えたあたりからは入試本番に制限時間があることを意識しなければなりません。今まで1つひとつの品詞分解、和訳(現代語訳)についてメモを取りながらやっていた英語&古典についてですが、著しく難しい部分を除いて脳内処理する方向へシフト。速度重視の学習を取り入れていきます。秋まで速度を気にしなかったのは、まず正確に読解できるようにならなければ、正解率を維持して速度を上げることができないから。子ども時代、始めて自転車に乗る時、最初は体重移動、バランスを逐一意識していますが、最終的には無意識に乗れるようになったはずです。同じように、まずは1つひとつの処理をゆっくりでも意識的に&正確に行う癖をつけ、正確な処理方法を習得した時点で、そのすべてを脳内処理に切り替えることが、正確さとスピードを両立する方法の一つでしょう。

高3秋からの学習計画!受験生の必勝法

※当サイト独自の勉強方法も一部あり、受験指導のプロである学校や予備校等とは異なることもあります。当サイトはプロではありませんので、あくまで参考程度にとどめてください。

それでは、9月以降の学習計画について具体的に見ていくことにしましょう。受験まで残り4ヶ月程度となり、焦りも出てくると思いますが、ここまで続けてきた勉強を地道に継続、発展させていくのが何より大切です!

現代文

秋からは時間を意識した演習を行います。しかし、全文を読解するのをやめるのは早計。今まで通り、本文全体を分かりやすく言い換えていく読み方を続けましょう。

英語

これまで行っていた品詞分解を脳内処理にシフトするのは古典と同じ。ただし、英語については文法問題、長文中の特に難解な英文だけは例外。メモ書きしながらでも構いません。

古典

品詞分解と現代語訳を頭の中で処理する方向にシフトして、速度アップを図ります。ここからは問題集の設問を解いて、正答率を上げていくことがメイン!

地歴

とにかく、ひたすら前に進み、9月中には第2次世界大戦までを終え、10月いっぱいで現代史を終えてください。それ以降は12月半ばまで、ひたすら既習分野を復習し、問題演習で穴をなくします。

そろそろ時間制限を意識する必要がありますが、文章全体を完全読解する方針のままで行きます。問題集の制限時間が30分の大問を解く場合、その1.5倍の45分で全文を読解します。今まで通り、頭の中で分かりやすい表現に直す作業を続けてください。45分では読解のみで、設問を解く必要はありません。その上で、もし今回の例のように30分問題であれば、9月は45分、10月は40分、11月は35分…といったイメージで制限時間を短縮していきましょう。こうして月に5〜7分ほどスピードを早めていけば、入試に対応できるだけの速度が身についていくはずです。

古典については、今まで本文をノートに書いたり、あるいはテキストに書き込んで品詞分解を行っていたところを出来るだけ脳内処理に切り替えていきます。また、一読して確実に意味が分かる箇所については、もう品詞分解までしなくても構いません。難読箇所、傍線部だけを完璧に品詞分解し、それ以外は必要に応じて品詞分解を活用する程度。制限時間内で設問まで解く演習法に改め、いわゆる普通の問題演習を行います。語彙力がまだ不十分であれば、単語の暗記なども並行しましょう。

今まで、全文を品詞分解して和訳していたと思いますが、9月からは大半を脳内処理にしましょう。頭から読んで容易に理解できる箇所は、特に品詞分解をしなくても構いません。長いセンテンス、複雑な構文、主語や述語動詞がハッキリしない文だけを丁寧に品詞分解して、読んでいくようにしてください。制限時間30分の大問であれば、9月は45分、10月は40分、11月は35分と徐々に時間短縮して頂ければ結構です。ただ、英語の長文については、読み返す時間はないと思ってください。1回で確実に理解し、設問を見た後に何回も傍線部周辺を読み直す方式はNG。その時間が一番無駄ですから、1回の通読で丁寧に読む、分からない箇所はきちんと品詞分解して全訳する…この手順を端折ってはいけません。

9月中にWW2、10月中に現代史までを終える…この予定を厳守することが第一!復習しつつ演習問題を解く時間を取るためにも、少しでも早く通史を終えるべきです。今まで通り、講義型参考書を熟読して、1章読むごとに当該範囲の一問一答、標準問題集を演習する方式でOKです。11月からは『フロンティア世界史』という参考書を用意して、テーマ史に取り組んでください。テーマ史は通史の知識をテーマごとにまとめた大問のことで、入試問題の大部分はテーマ史の形式で出題されます。入試本番に近い形式で知識をまとめ直すことで、復習と問題演習を兼ねることが可能です。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ