公募制
推薦入試!

こちらでは、公募制推薦入試を狙っている受験生に向けて、対策方法をお伝えしたいと思います。学力試験を避けられる一方で、大学ごとに異なる出願資格を定めている公募推薦。合格するためにはどのような点に注意するべきなんでしょうか?

〜公募制推薦入試の注意点〜

  • 推薦条件をきちんとチェックすること!
  • 志望校の推薦入試における試験科目を確認すること!
  • 指定校推薦とは異なり、100%合格するわけではないので注意!
  • 併願の可否をはじめ、大学ごとの出願条件を確認しましょう!

公募制推薦入試というのは、一般推薦、特別推薦、AO入試をひっくるめた表現で、大学ごとに個別に決定している推薦条件を満たしており、かつ高等学校長の推薦が受けられる受験生が出願可能なものを指します。学力試験を課す大学は少なく、調査書、面接、小論文、適性検査といった方法で選抜が行われるのが普通。試験内容、配点ともに大学によって異なるので、志望大の願書(入学案内)を入手して確認する必要あり。
高等学校の評定によって決まる指定校推薦は、推薦さえ受ければほぼ全員が合格できますが、公募推薦はそうではありません。一般よりは倍率が低いことが多いものの、人気大のAO入試は一般を遙かに超える倍率をたたき出す場合も…。

公募制推薦入試を受験する場合のチェックポイント

※当サイト独自の勉強方法も一部あり、受験指導のプロである学校や予備校等とは異なることもあります。当サイトはプロではありませんので、あくまで参考程度にとどめてください。

学力試験を避けて受験できる公募推薦ですが、推薦形式によって対策はまったく異なります。ご自身が狙っている推薦法について、留意するべきポイントを押さえて頂ければ幸いです!

公募一般推薦・公募特別推薦

もっとも標準的な公募推薦です。大学側が指定する条件さえ満たしていれば出願可能であることが多く、試験内容もさまざま。ただし国公立の公募推薦は高校評定平均4.0以上を条件としているのが普通で、かなり敷居は高め。

スポーツ推薦・資格推薦

高校時代の部活動実績、資格保有など、過去の成績によって入学試験を免除するというもの。これは大学側が要求する実績を有していないと受験できないので、過去の推薦入学者がどの程度の実績を持っていたのかを確認しましょう!

AO入試

アドミッション・オフィス入試の略で、大学の校風に合った人材を獲得するために設置されることが多いです。一芸入試と呼ばれることもありますが、評定平均、活動記録などの条件を設けている場合も多いので、要確認!

公募推薦は大学によって出願資格がさまざまなので、まずは受験案内を確認することが重要。試験本番については学力試験がなく、面接や小論文という場合にはやや対策が難しくなります。もともと面接、小論文は点差がつきにくい上、採点者の主観的判断が大きなウエイトを占めてしまうという特徴が有ります。面接試験の場合は、対面してからの2〜3分で面接官の性格を読み取り、相手の好みに合った振る舞いを心がけましょう。基本的に人間は自分と近い性質の人間に高評価を与える傾向があるため、勢いよく話すタイプの相手には自分もハキハキと、大人しい印象の相手には自分も落ち着いて話すといった対策が効果的。小論文の場合、きちんと自分の主張を論理的に書き、根拠をもって読み手を説得する文章を作成してください。主張そのものよりも、文章の論理性が採点対象となります。

AOは、大学が求めている人材を優先的に入学させるための方式。まずは大学の校風、研究内容を徹底的に調べ、自分のパーソナリティーに合っているかをチェックしてください。入学後のことまで考えれば、自分に合う大学を目指すべきだと思いますし、AO入試の目的を考えると、ここで変に演じても仕方ないでしょう。“大学側の要求に合わせる”のではなく“自分の意欲、個性に合った大学のAOを受験する”という方向性を選んだほうが良いと思います。

スポーツや資格によって入学を認めるタイプの推薦入試を受験する場合は、高校時代の実績がすべてといえます。自分の実績が入学するのに足りているかどうかを、しっかりと検討してください。分かりやすい例を挙げれば、例えば高校のスポーツ推薦を受けるとして…、もし六大学野球で幾度もの優勝を誇る大学に野球のスポーツ推薦で入るとしたら、高校時代に甲子園くらい出ていないと厳しいのは分かりますよね?それも、出来ればエース級のピッチャーだったり、4番バッターだったりと目立った実績があるほうが望ましいくらいです。きちんと大学の求めているレベルを踏まえ、自分の実績がその基準に合致している場合のみ、出願するようにしてください。

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ