宅地建物取引士

大学生の間に充分取得を目指すことが可能な宅建士(宅地建物取引士)の資格。時代を超えて絶大を誇る人気資格であるにも関わらず、最近でも毎年20万人程度の受験生が合格に手が届かず涙をのんでいます。敵を倒したくば、まずは敵を知ること…。当サイトでの綿密なリサーチが合格への偉大な1歩となることが望まれます♪

宅地建物取引士

〜宅地建物取引士の基礎データ〜

○2011年
受験者数:

231,596人

合格者数:

30,391人

合格率:

16.1%

○2012年
受験者数:

236,350人

合格者数:

32,000人

合格率:

16.7%

○2013年
受験者数:

234,586人

合格者数:

28,470人

合格率:

15.3%

有資格者の目安年収:

500〜600万円

主な職場:

不動産会社、工務店、設計事務所、建設会社

この資格を取るならこの学科:

経営学科、経済学科、商学科、法学科

公正な不動産取引には欠かすことのできない宅地建物取引士。“土地や建物の契約における重要事項の説明”は国家資格に認定された宅地建物取引士しか行うことのできない大切な業務ですので、日常的に必要とされる人材であると言うことができるでしょう。同資格を取得して不動産契約についての知識を充分に得た後には、司法書士資格取得への道も開かれます。司法書士の業務では主に登記(土地や商標の登録)を扱いますが、それには不動産取引の仕組みを理解していることが不可欠なのです。受験資格がないこと、さらに需要の多さと後々の発展性も含め、キャリアアップを強力にバックアップする資格と言うことができます。

宅地建物取引士になるためのステップ紹介

法律系資格の中で最も合格に手の届きやすい宅地建物取引士。勉強慣れしている方や、記憶力の強い方でしたら独学による学習を行うも可能かもしれません。資格取得の第1歩目は“勉強方法を決めること”です。

資格取得の第2歩目は“充分な演習”です。具体的には5年〜10年分の過去問を何度も解いておきましょう。同試験では解くスピードが非常に重要なので実践が合格の鍵となります。

宅地建物取引士(通称:宅建士)は法律系資格の登竜門とも呼ばれる資格です。これならば、忙しいキャンパスライフを送る学生にも無理なく目指せる資格と言うことができるでしょう。そうした場合に考えられる勉強法は“独学か、もしくはそれ以外の大学課外講座や資スクール、あるいは通信を利用する”という2通り。記憶力に自信のある方でしたら、参考書で1度勉強し数年分の過去問を解くだけでも合格できてしまうかもしれません。しかし日常聞き慣れない専門用語につまずく方や、1度はしっかり学んでおきたいという方でしたら無理せず独学以外の勉強法を採用しましょう。

宅地建物取引士試験の出題範囲は、借地借家法をはじめ、民法、不動産登記、建物区分所有に関わる“法令科目”、農地法や都市計画法、土地区画整理法、宅地造成等規制法、建築基準法、国土利用計画法、などに関連した“法律関係”、営業保証金と保証協会、宅地建物取引業者、宅地建物取引士、業務上規則、処分や罰則についての“宅地建物取引業法”そして、価格評定、税法、土地建物などといった“上記以外の法令”から成っています。問題数は合計50問、全てマークシート式なので案外簡単に思えるかも知れませんがそれは間違い。試験時間は2時間しかないので“1問あたりに2分程度”しかかけられません。解答スピードを早めるために過去問のやりこみは必須です。

宅地建物取引士の年収モデル

※下記はあくまで一例です。資格を取得しただけでは収入は約束されませんので、しっかりとした就職活動も必要になります。

〜政令市で就職したケース〜

年収:

300万〜420万

給与・昇給:

あり

勤務時間:

9時〜18時

休日・休暇:

年105日

兵庫県神戸市で住宅の新築やリフォームなどの事業を行う株式会社への就職モデルケースです。宅地建物取引士の活躍場所は街の片隅にある不動産屋さんばかりではなく、土地や建物に関連した業務を行う全ての企業が対象となり得ます。政令指定都市のような比較的規模の大きい土地では、建物や土地の持ち主の入れ替わりも想像以上に頻繁ですからそれに伴って仕事の需要も確保できると考えられます。

〜地方で就職したケース〜

年収:

240万〜360万円

給与・昇給:

あり

勤務時間:

9時〜17時

休日・休暇:

年95日

千葉県船橋市の土木業、内部工事業を行う企業への採用ケースです。宅地建物取引士は、規模の大きい都市での求人だからといって飛躍的に年収がアップするとは言いがたいですが、裏を返せば“地方都市においても安定した年収を得ることができる”という意味で非常に手堅い資格と言えるかも知れません。全国どこに行っても仕事が見つかる可能性が高いため、転職や引っ越し時にも重宝する資格とも言うことができます。

※当サイト独自の基準ですので、一般的な指標とは異なります。あくまで参考程度にとどめてください。

Q1:どの学部に興味がありますか?

次の質問へ

大学受験はセンター試験対策だけではNG!インフルエンザなどの感染症対策も抜かりなく!

このページの先頭へ