厳しい教育の中で、勉学だけでなく努力の尊さや人間関係を学べるとして人気の、巣鴨中学校。そんな巣鴨中学校を詳しく知るために、基本情報や特徴、受験情報、保護者や在学生からの評判を徹底解説します。

努力の大事さを伝える教育!巣鴨中学校について解説

厳しい教育の中で、勉学だけでなく努力の尊さや人間関係を学べるとして人気の、巣鴨中学校。そんな巣鴨中学校を詳しく知るために、基本情報や特徴、受験情報、保護者や在学生からの評判を徹底解説します。

この記事は約5分で読み終わります。

巣鴨中学校のデータ

まずは、巣鴨中学校の基本情報や年間行事などをチェックしていきましょう。

■基本情報

巣鴨中学校は、東京都豊島区にある中高一貫の男子校です。創立100周年を迎え、全ての校舎の改築が完了しました。最寄り駅は大塚駅(北口)JR山手線、池袋駅(東口)JR・西武・東武・地下鉄各線、板橋駅(東口)JR埼京線で、各駅から約10〜20分ほど歩いてアクセスすることになります。

2018年4月時点の生徒数は、634名です。他の中学校ではあまり見られない、「短ラン」と呼ばれる短めの学ランが制服となっています。

■クラス編成

巣鴨中学校が一般的な中学校と大きく異なるのは、独特なクラス編成です。中学1年生と2年生は通常どおりですが、中学3年生からは一般クラスと数学クラスの2種類に分けられます。数学クラスは数学の成績によって編成され、学期ごとに入れ替えがあるのが特徴です。

■年間行事

巣鴨中学校の主な年間行事は、以下のとおりです。

・4月:入学式、修学旅行(中3)、始業式、新入生宿題整理試験、健康検査
・5月:大菩薩峠越え強歩大会、校内実力試験、中間考査、生徒会総会
・6月:合唱コンクール(予選)
・7月:期末考査、終業式、夏期講習、生徒会各班夏季活動、巣園流水泳学校
・8月:蓼科勉強合宿、夏期講習
・9月:始業式、夏休み宿題整理試験、校内合唱コンクール(本選)、巣園祭(文化祭・体育祭)、校内実力試験
・10月:中間考査、校内クラス対抗武道大会(剣道・柔道)
・11月:学園創立記念日(記念式典)、森林公園マラソン大会
・12月:期末考査、美術書道作品展、終業式、冬期講習、スキー教室(希望参加)
・1月:始業式、全校書初展、早朝寒稽古(剣道・柔道・駆足)、百人一首かるた大会
・2月:入学試験、校内実力試験、校内武道大会、校内球技大会
・3月:学年末考査、卒業式、終業式

■部活動

巣鴨中学校では、部活動を班活動と呼んでいます。中学校では体育系が15個、文化系が16個です。

・体育系:陸上競技班、柔道班、合気道班、山岳班、バドミントン班、ハンドボール班、水泳班、スキー班、軟式庭球班(軟式テニス)、硬式庭球班(硬式テニス)、軟式野球班、剣道班、蹴球班(サッカー)、卓球班、籠球班(バスケットボール)

・文化系:書道班、美術班、吹奏楽班、生物班、写真班、科学技術班、地学班、化学班、英語班、合唱班、歌留多班、鉄道研究同好会、JRC同好会、囲碁・将棋研究会、数学研究会、物理研究会

巣鴨中学校の特徴

次に、巣鴨中学校の特徴を見ていきましょう。

■硬教育の男子校

1910年に創立してから100年以上、硬教育(努力主義)による男子英才教育を実践してきた巣鴨中学校。勉強だけでなく、行事や部活動でも努力し続ける姿勢を大事にし、可能性を開花させることが目的です。土曜登校があることなどからも、教育に力を入れていることがわかります。指導は厳しいですが、生徒は生き生きと過ごしているようです。

■サマースクールで英語力も養う

巣鴨中学校は昨年度から、中学2〜3年生を対象に、6日間イギリス人講師と寝食をともにする巣鴨サマースクールを行っています。生徒たちが話したいと思える人物かどうかを重視して選んだ講師たちと過ごすことで、英語を話したいという意欲を掻き立てることが目的です。

巣鴨中学校の学費

巣鴨中学校の学費や授業料など、金銭面の情報について確認していきましょう。

■入学金

巣鴨中学校に入学する際にかかる入学金は、2018年度は330,000円でした。

■授業料など諸経費

授業料を始めとする諸経費は、以下のとおりです。
・授業料:480,000円
・施設費:200,000円
・その他:307,779円
全て合計すると、987,779円です。その他には行事費や制服代、図書費などが含まれます。

■寄付

これらの他に、任意で寄付できます。寄付は1口100,000円で、1口以上です。

巣鴨中学校の受験

巣鴨中学校を受験するなら知っておきたい情報を解説します。

■偏差値

巣鴨中学校の偏差値は、55です。同等の偏差値の中学校は、学習院中等科や淑徳中学校等が挙げられます。
(参考:http://www.study1.jp/kanto/list/deviation.html

■倍率

2018年の入学試験では、全3回の受験において受験者数の合計が774名、うち合格者数は267名でした。倍率は2.89倍です。

■受験情報

試験科目は国語、算数、理科、社会で、面接は行いません。受験料が25,000円かかります。

巣鴨中学校の評判や口コミ

巣鴨中学校の評判を知るために、口コミを調査しました。

「派手さはなく、質実剛健の強さのある男子を育てる学校だと思います。文武両道を推奨していて、ほとんどの生徒が部活動をしています。他の学校に比べ行事が多く忙しいですが、いつの間にか体力もつき、驚くほど丈夫になります。」
(引用:https://www.minkou.jp/junior/school/review/7806/

「先生の熱心さには頭が下がる。生活面の指導もしっかりしてくれます。」
(引用:https://www.minkou.jp/junior/school/review/7806/

 

授業も厳しく行事も多い巣鴨中学校ですが、その分勉強姿勢や体力はしっかり身につくようです。昔からブレることのない硬教育を推進しているだけあり、厳しい社会に出ても生きていけるような指導が行われていることが魅力といえます。

また、今どき珍しい硬派な男子校ということで、先生も非常に熱心な方が多いという意見も。勉強面はもちろん、生活面の指導も一貫性があり、とにかく安心感があると好評です。進学実績も良いため、難関大学を目指す方からも注目されています。

まとめ

長い歴史と高い進学実績を誇る、巣鴨中学校。現代社会を生き抜く知力と体力を誇る男子を目指す方は、巣鴨中学校への入学を検討してみてはいかがでしょうか。

 

中学受験をお考えの方は、受験情報とは別にこちらの体調管理やインフルエンザ対策ページもご確認ください。

 

中学受験前の体調管理が集中力を作る|家族でできるインフルエンザの予防対策とは