ゆるぎない自信をつける!本郷中学校の受験にまつわる情報集めました

ゆるぎない自信をつける!本郷中学校の受験にまつわる情報集めました

本郷中学校は東京都豊島区駒込にある中高一貫男子校です。先取り授業を取り入れながらも基礎学力の定着もしっかり行う本郷中学校では、ゆるぎない自信を身につけるための細やかで行き届いた教育プログラムを実施しています。心も身体も強い男になるという、簡単そうで難しい人間力も培われる学校です。今回は本郷中学校での受験に知っておきたい学校情報をまとめました。

この記事は約8分で読み終わります。

本郷中学校のデータ

まずは、本郷中学校の基本データを覗いてみましょう。本郷中学校は都内をはじめ、神奈川、千葉、埼玉、茨城などからも通学している人が多いです。JR山手線巣鴨駅からもすぐの立地で、通いやすさも魅力の中学校です。

・制服

本郷中学校の制服は学ランです。普通の学ランとは違い袖に1本のラインが入っています。ボタンは黒ボタン、高校生になると銀ボタンに変化します。襟元には「本中」の校章がつきます。ワイシャツとカーディガン・ベストにはHのイニシャル刺繍がされ、指定になっています。それぞれカラーはグレーで統一されていて、格式の高いイメージが印象的です。

・教員、生徒数

本郷中学校の教員数データはありませんでした。生徒数は各学年平均245~250人で、1学年に6クラスずつあります。中学校だけで数えると800人に満たないので、若干他校よりは少なめな感じです。

・教育課程

本郷中学では高校受験がないメリットを生かし、6年間の学習内容を5年間で修了するカリキュラムを組んでいます。そのため、高校3年の1年間を大学受験の準備に充てることができます。

また、中学では定期考査が一定レベルに達していないと、補習を実施するため、日頃からきちんと勉強しなければなりません。他にも、中1の夏休みを利用して、補習を行う等、基礎学力を定着させるために細やかな指導体制があります。

・施設

本郷中学校は人工芝のグラウンドを持ち、ラグビーやサッカーなどの公式試合が可能なほど広いです。部活動をするにしても他の部活と被ることがないので、余裕のある空間で打ち込むことができます。

校舎は6棟に分かれていて、グラウンドや中庭を棟が囲うように配置されています。豪華さやおしゃれな空間ではありませんが、集中して学び、活動できる雰囲気が生徒達にも人気です。

校舎の全てが耐震性をもっており、大災害へのそなえも万全です。非常食・水・スペースブランケット・救急キットなどがストックされ、防災への意識をもって子どもたちを安全に誘導します。停電などにも備えも万全です。2号館においては停電後、最大32時間分の電気を確保できます。

・部活動

本郷中学校の部活動には、運動部と文化部があります。

運動部

柔道部、野球部、剣道部、サッカー部、卓球部、テニス部、スキー部、バスケットボール部、バトミントン部、バレーボール部、水泳部、軟式野球部、硬式野球部、ラグビー部、陸上競技部、フェンシング部、ボウリング部、合気道部、ウェイトトレーニング部

文化部

吹奏楽部、囲碁将棋部、科学部、鉄道研究同好会、漫画劇画部、日本文化部、ESS部、軽音楽部、生物同好会、マイコン部、料理同好会、奇術同好会、地学部、美術クラフト部、歴史研究部、社会部

・行事

本郷中学校の行事は、四季を通じて様々なものがあります。各行事ごとに自分をアピールできることを模索しながら、クラスメイトとの仲を深めることにも力を入れています。
体育祭や本郷祭(文化祭)、競技大会、マラソン大会などがあります。

本郷中学校の特徴

本郷中学校の特徴には、次のようなものがあります。

・文武両道でリーダーの資質を養う

本郷中学校は文武両道を目指している学校です。勉強とクラブ活動をバランスよくこなし、両立させるために努力しながら結果を出していきます。いつしか自分に自信が持てるようになって、リーダーとしての資質をも養われていきます。

本郷中学校の部活動は、週3日1回2時間以内の活動のみ、と制限されています。限られた時間内での勉強や部活動を通して「集中力」や「時間管理」も学んでいきます。

・仲間との自学自習

本郷中学校では自学自習を尊重し、自分の力で道をつくる力をつけます。独自の数学検定と英単語検定では、長期休暇を有効に利用するために休み明けにテストが行われます。集中するための自習室や図書室の活用もおすすめです。

2号館の2階には、「ラーニング・コモンズ」と呼ばれる話せる自習室があります。1人ではなく仲間と一緒に自習しながら、不明点を聞いたり教えたりして過ごすスペースです。部活のミーティングやグループワークでの活用もあります。

・規則正しい生活を身につける

本郷中学校では、基本的な生活習慣も欠かすことのできない学びの一つとして考えています。独自の生活記録表・手帳で生徒の日々の生活を管理し、有効な時間管理ができる人材に育てていきます。また、あいさつ・感謝・思いやりをもって生活し、仲間との絆を作れるようにしていきます。

手帳などがあっても記入するのだろうか?と考える方もいるかもしれませんが、本郷中学校の生徒は、細かく書きたい子どもも多数いて記入欄が不足してしまうという事態が発生しているのだとか。こういった事からも本郷中学校の生徒が、いかに前向きに取り組む姿勢があるのかがわかります。

・数学の合同学習

定期考査の前になると、中2の先輩から中1の新入生へ数学の指導をする合同授業を行います。同じ部活などにならない限り、積極的に先輩と話す機会が少ない子どももいますので、この合同学習は互いのことを知るきっかけになっています。

問題以外の話もすることができるので、1年生にとっても学校の楽しみを増やせるきっかけになっているようです。優しい先輩が多く、不安そうな顔をしている一年生に優しくたくさんのことを教えてくれるはずです。

・中学卒業論文

約1年の歳月をかけ本格的な卒業論文を執筆します。1学期にテーマ選定、夏休み中に初稿納品、フィードバックされた原稿を冬休みに清書して、3学期のはじめに提出となります。自ら取り組む姿勢を育て、しっかり相手に伝えていく術を学びます。

深く追求する学びの姿勢を育成するために、高校入学を前に卒業論文を経験することはとてもすばらしい経験になります。探究型になり、興味や関心をさらに細かく、さらに多方面から、実験を繰り返していくことで、主体的に学ぶ姿勢を引き伸ばせます。

本郷中学校の学費

本郷中学校に入学するための費用は、どのくらいかかるのかチェックしてみましょう。

・入学金 245,000円
・授業料 402,000円
・その他
施設負担金 170,000円
教育充実費 126,000円
クラス運営費 60,000円
父母の会入会金・会費 入会金2,000円 年会費4,200円
生徒会費 6,000円

就学支援を受けられている方には、後日別途清算にて返金となります。また経済状況の変化によっては学費やその他納入金に変更がある場合があります。

本郷中学校の受験

本郷中学校を受験する前に、最新の偏差値情報を確認しておきましょう。

・偏差値

本郷中学校
[私立/男子]68
引用:東京都中学偏差値ランキング2018
http://momotaro9.boy.jp/indextoukyouto.html

本郷中学校の偏差値は68。諦めなければ手が届きそうなラインです。上位ランキングには入りませんが、67~68ラインの中では常連メンバーとして例年ランキングに上がっている偏差値数です。

・倍率

2018年度の倍率をみてみると、第1回が2.7倍。第2回が2.0倍。第3回が6.1倍となっています。

・受験情報

受験では帰国子弟だった場合4科目の合計点に10点が加算されて優遇されます。条件は1年を超える期間海外に在留し、帰国後3年以内であることが必須です。

在学中の親の死などが発生してしまった場合には、審査の上で授業料や教育充実費を減免してくれます。

本郷中学校の評判や口コミ

本郷中学校にはどんな評判があって、口コミでもどう評価されているのかをチェックしてみました。

人工芝のグランドの向こうに新校舎が見え、景観は明るい印象の男子校ですが、生徒たちはわりと穏やかな子が多いと思います。ゆったり学校生活を過ごしたい子には向いています。いいグランドがありますからスポーツも盛んです。親身になってくださる先生、おもしろい先生、専門分野を語り出したら止まらないカリスマ先生などがいて、そして現校長先生は生徒にも保護者にも距離を感じさせない話をしてくださり、これから益々発展していく学校だと思います。六年間のうち三分の二を同じ担任の先生にお世話になり、息子共々温かい指導には感謝しきれません。
引用:みんなの中学情報
https://www.minkou.jp/junior/school/review/7792/
熱心な先生が多く、日頃の生徒への声かけもそうですが様子がおかしい生徒にも気付いて勉強に悩んでいたら一緒に考えてくれます。高学歴だから安心とも限りません。そうでなくても、しっかり見てくれる先生はいて、その先生の生徒たちへの温かい思いがあったから、東大に合格したと話すOBもいます。
引用:みんなの中学情報
https://www.minkou.jp/junior/school/review/7792/
有名大学や国立大学、医学部への進学率が高いです。推薦なしで実力で合格している
引用:みんなの中学情報
https://www.minkou.jp/junior/school/review/7792/

先生と生徒の関係性が良好で、強い信頼関係も築けているような評判が見受けられましたまた、部活動では運動部が優秀な成績を残すことが多く、勉強以外にも真剣に打ち込めるものができる環境があることも健全です。進学校であっても文武両道が当たり前というところがいいですね。

まとめ

本郷中学校は基礎をしっかり定着させ、分からないことを失くしながら、しっかり前進できる学校です。自分に自信をつけて大学受験に臨みたい方にはおすすめです。中学の3年間では、クラス替えを毎年行い仲間との出会いを広げてくれます。各学年で複数担任制というもので先生が入れ替わりますが、細やかな指導を受けられるので好評です。
高校からは有名大学、国立大学、医学部などへの進学率が高く、しっかり力を発揮しています。推薦なしでも合格できる十分な力をもって次の受験にも望むことができます。

 

中学受験をお考えの方は、受験情報とは別にこちらの体調管理やインフルエンザ対策ページもご確認ください。

 

中学受験前の体調管理が集中力を作る|家族でできるインフルエンザの予防対策とは