麻布中学

責任や計画性は自由の裏で生まれる!麻布中学校の魅力発見データ集

多くの著名人を輩出する麻布中学校。自由自立の精神で生徒自身が考え動きだす校風は、一見誰もが驚かされてしまうほど奇抜で不安を覚えてしまいます。しかし、見た目で判断するのはナンセンス。麻布中学校だからこそ他では体験できない経験がたくさんあります。今回は、麻布中学校を受験校に考えている方へ、知りたいデータと魅力をお伝えします。

この記事は約8分で読み終わります。

麻布中学校のデータ

まずは基本データから見ていきます。麻布中学校は本当に特異的な面を持っている中学校ですので、「この情報本当なの?」と思ってしまいそうな内容もあります。でも本当です。では、早速見ていきましょう。

・制服

麻布中学校には制服がありません。標準服として詰襟・黒ボタンを用意していますが、着用は自由です。服装は何を着て通えばいいのかというと、普段着で大丈夫です。デニムでも問題ありませんし、短パンでも支障がありません。

制服のみならず、校則もあってないような感じです。髪は金髪でも青色でも緑でも大丈夫です。それでも子どもたちが非行に走ったわけではありません。

高校の卒業式になると、皆自分の表現した格好で卒業証書を受け取ります。女装をする人もいれば、着ぐるみを来て参加する人も。とにかく、見た目にはほとんど規制がないのが麻布中学校の特徴です。

・教員、生徒数

麻布中学校の教職員数はデータがありませんでした。生徒数は1学年300名前後、1クラスに41~45名で構成されます。1学年に7クラスずつあります。

・教育課程

麻布中学校の教育は、中学や高校を飛ばして大学生になったような感じさえあります。例えば国語では、感性や思考力を磨くために中学3年生の段階で共同卒業論文を書きます。このことで高校でも自主的に学習方法を組み立てることを覚えていけるのだとか。

また数学は代数と幾何に分けて指導をしており、論理的思考力を磨けるようになっています。英語は基礎力に重点を置いていて、能力を最大限に引き出すために量も質もかなり頑張らなければいけない内容になっています。社会では中1で「世界」という科目を設定しています。地理と歴史を融合させたものです。また、他の教科も様々な点から現実的・社会的・論理的に理解を深められるようなカリキュラムで指導にあたっていきます。

・施設

校舎は土足なのでキレイとはいえませんが、必要な施設は揃っています。特に図書館においては、普通の学校の図書館にはないようなジャーナリズムの本や、いわゆるマニアと呼ばれる人たちが喜びそうな専門誌も数多く揃っています。図書館におく本は、生徒の希望を教員が会議にかけて通ったら購入するシステムです。

体育館は最近新しくなったばかりでキレイです。校舎は古めかしさも感じますが、いわれなければ生徒たちは気にすることがない程度のようです。

・部活動

部活動というよりもサークル連合として、麻布中学校では生徒による自治機関の下で動いています。その為、すぐに無くなってしまう部もあれば、新しく創設される部もあり、変動が激しいです。部として存在しても休部中になっている部もいくつかあります。

・行事

中学校の入学式は長々と行われるものではなく、校長と生徒代表のあいさつのみで終了します。文化祭や運動会なども催されますが、すべて生徒達主導で実行委員会が組織されます。予算を組んだり、売上を計上したり、赤字の補填申請なども全て子ども達だけで動きます。先生は報告を受けるのみ。よほどのことがないと介入もしません。

麻布中学校の特徴

ここまででも十分特徴ある麻布中学校ですが、学習面においての取り組みにはどんな特徴があるのでしょうか。

・基礎から論理的思考まで

現代文の授業では、しっかり読み解く力や思いを表現することに重点をおいています。また、物語の中の人を深く観察できるように指導します。中学では、高校へ行ってからも主体的に学ぶ姿勢を作る目的から共同卒業論文に取り組むようになっています。

・国際交流

麻布中学校では、カナダや中国との交流も深められるようになっています。留学生の受け入れなどにも積極的です。韓国や中国への留学も多いです。

・世界を感じる課外授業

社会科では「世界」という授業を取り入れているお話をしましたが、この授業には課外授業もあります。日本にある海外の施設を見学したり、異国料理を実際に作ってみたりするもので、子ども達も積極的に参加し理解を深めています。

麻布中学校の学費

麻布中学校への入学には、どれくらいの学費が必要なのでしょうか。麻布中学校はその自由度の高さから、無駄になってしまう!と怖がる親御さんもいるとか…。

・入学金 300,000円
・授業料 494,400円
・その他
維持費 120,000円
実験実習費 51,600円
施設設備費 102,000円
生徒活動費 7,400円
PTA会費 4,800円

私立中学の費用としては、相場を抑えている感じがあります。

麻布中学校の受験

麻布中学校を受験する前に、そのランクがどのくらいなのかを把握しておきましょう。

・偏差値

麻布中学校の偏差値は以下のようになっています。

麻布中学校
[私立/男子]76
引用:東京都中学偏差値ランキング2018
http://momotaro9.boy.jp/indextoukyouto.html

開成中学校・筑波大付属駒場中学校に続く堂々の3位の偏差値数をマークしています。麻布中学校の凄さは、まさにこの高い学力にあります。なんと半世紀以上にわたって学年の約1/3が東大合格者となっていくのですから、精鋭集団といっても過言ではありません。

自由の裏で生まれる計画ある学びや責任感が育まれる環境は、他では真似できないものです。受験生においても、いずれ世の中のためにリーダーシップを取りながら働き出す方も多いのではないでしょうか。

・倍率

麻布中学校の受験での実質倍数を過去4年間で見ていきましょう。

2015年 倍率:2.3倍(受験者数:895人、合格者数:387人)
2016年 倍率:2.3倍(受験者数:894人、合格者数:390人)
2017年 倍率:2.5倍(受験者数:947人、合格者数:382人)
2018年 倍率:2.4倍(受験者数:917人、合格者数:378人)

私立中学の男子御三家と呼ばれる「開成中学校」「武蔵中学校」「麻布中学校」のうち、倍率では一番低いのが麻布中学校です。

おそらく、これは受験したい本人の意思とは裏腹に親御さんの不安もあって、麻布中学校を選択しないということも無きにしも非ず、です。ここで一つ、見て欲しい卒業生による口コミがあります。

総合評価
完璧です ただ、自主性のない人間にとっては過酷な環境でしょう 是非とも自主性のある生徒が入って麻布の伝統を守ってくれることを望みます
学習環境
完全に放任主義です こちらが助けを求めれば手を差し伸べてくれますが、求めない限りいつまでたっても放置されます 実際自分自身高校2年生の終わりまで勉強をしたことが1度もありませんでした
進学実績
浪人率は高いですが、6年間を楽しみきった人たちにとって、勉学に打ち込む1年というのもまた良いものなのではないでしょうか また、浪人率を度外視すれば文句なしの進学実績と言えるかと思います
引用:みんなの中学情報
https://www.minkou.jp/junior/school/review/7498/

口コミを生徒にとってはかなり極楽の域に達しているようです。

・自分の子どもに自主性が生まれるのか
・自由ばかりで勉強がおろそかにならないのか
・浪人だけは避けたい

などといった親の気持ちが倍率を下げている原因になっているのか、それとも難関校だけに太刀打ちできないだけなのか…。考えさせられますね。結局は高い学力を持って、麻布中学でも大丈夫です!としているはずなのですが。

麻布中学校の評判や口コミ

麻布中学校の評判は考え方次第、取り組み次第で大きく変わるといったものが大半を占めていました。麻布中学校への入学は、長い人生においても大きな糧にできるはず。麻布中学校に合っている人は、思い切り楽しんで思い切り学んで、メリハリがつけられる人なのかもしれません。

中1は入学したその日から 「自由には責任が伴うこと」、「自由と身勝手は 違うこと」を叩き込まれ、「自分で見聞きし、自分で考え、自分で決断し「自己責任で行動すること」を求められます。授業は「いまある、すべての考え方を教える」ので 理数科目に関しては「自分で応用して使えるように」人文科目に関しては「自分で考え、答えをもつように」という印象で、定期試験も難しく、評価も甘くないので 大学の推薦入試には向かないし(評点がとれない) 大学入試をクリアするテクニックのようなものは 特に指導されませんので、予備校を頼ることにもなりますが、大学に入ると、中高時代の授業のクオリティに気づくそうです。
引用:inter-edu
https://www.inter-edu.com/forum/read.php?404,4949057

僕は部活をエンジョイしているので良いのですが、「御三家だから入りたい」とか、「何となく自由そうだから入りたい」なんて言ってる人は、来ない方がいいですよ。現に、僕の知り合いも何となくで入学して、部活を転々としていますし、一時は不登校ぎみになったこともあるとか無いとか。入ったらやりたいことを決めてから入学した方が、入学してからの六年間を楽しめます。意外と短いですよ。六年間って。
引用:みんなの中学情報
https://www.minkou.jp/junior/school/review/7498/

いい学校。先生も親身になってくださる。ただ勉強するくせをつけておかないと後で大失敗する(経験談)。知識だけなら開成に行けと多数の生徒は思っている。考える力が重要。
引用:みんなの中学情報
https://www.minkou.jp/junior/school/review/7498/

偏差値の高い学校ほど、自主性をもって取り組むことを重要としています。この麻布中学も例外ではありません。人が体験できないことを十分叶えられる場所でもあるのですから。

まとめ

自主自立の精神で、70年に渡る中高一貫教育で高い進学実績をもつ麻布中学校。卒業生の中には次の方々が名を連ねます。

・橋本元首相
・福田元首相
・自民党元総裁 谷垣禎一氏
・日本興業銀行(現みずほ銀行)中山素平元頭取
・ホンダ元社長 福井威夫氏
・三菱商事会長 小林健氏
・コマツ社長 大橋徹二氏
・三越伊勢丹ホールディングス元社長 大西洋氏
・脚本家 倉本聰氏
・日本テレビアナウンサー 桝太一氏

好きな分野で将来の大きな展望があるかもしれません。麻布中学校に人生を賭けてみたくなってきてしまうのは、私だけでしょうか。

 

中学受験をお考えの方は、受験情報とは別にこちらの体調管理やインフルエンザ対策ページもご確認ください。

 

中学受験前の体調管理が集中力を作る|家族でできるインフルエンザの予防対策とは