学費も注目したい!
ピックアップ大学紹介

不況の今、大学の学費というのは非常に大きな負担となり得ます。しかし学費の安い国公立は5教科7科目を課される上、合格基準も厳しめ…。となれば“私立大学で学費の安い大学はないか”と探している方も多いはず。こちらではそんな皆さんの期待にお答えするため、学費も注目したいピックアップ10大学を紹介♪

中央大学

中央大学

初年度納入額合計は、法学部と文学部で115万4,800円、経済学部では116万9,800円、商学部では117万2,800円となっています。いずれも私大の平均と比較して大幅に安くなっており、わりと知名度の高い私立大学の中では群を抜いて安い金額といえます。「経済的には厳しいけれど、名の知れた有名大に行きたい」という方は、こちらの中央大学を狙ってみてはいかがでしょうか?(2013年調査当時)

【初年度学納金】

文:115万4,800円
法:115万4,800円
経済:116万9,800円
商:117万2,800円

中央大学を詳しく見る

有名大なのに
学費がリーズナブル!
中央大学の特徴は?

国立大学の初年度学納金は平均81万7,800円、公立大学は平均935,017円となっています。それに対して、私立大学は平均131万4,251円。こういったデータから、一般に“学費が安いのは国公立で、高いのは私立”と言われています。それは確かにその通りですが、私立だからといって、必ずしも“国立より圧倒的に高い”というわけではありません。中央大学の場合、文系の学費は115万4,800円〜となっており、私立大学平均の131万4,251円と比べて20万円近くも安くなっているのです。 単純に学費だけを比較すればもっと安い私大もあるのですが、中央大学の凄みは高い知名度とブランド力がありながら学費を抑えていること!経済的に恵まれない苦学生であっても、充分な学力と意欲があれば受け入れる…この風土こそ、中央大ならではの魅力といえるでしょう。

他にもある!学費がリーズナブルな私立大

下記学費等の情報は2013年調査当時

日本全国には、他にも国公立並の学費だったり、特待制度が充実していたりといった受験生や学生に費用面で優しい私立大学が存在しています。「経済的には余裕がないけれど、大学で学びたい」という受験生の皆さんは、是非ともこういった学費の安い大学を選び、それぞれの夢を叶えてくださいね♪

神奈川大学

神奈川大学

こちらの神奈川大学は、給費生試験という特殊な入試制度を採用しています。かなり難しい試験にはなりますが、この給費生試験に合格すれば、授業料が免除され、入学金と委託徴収金あわせて33万円を納入するだけで合格が認められるのです。非常に高い学力を持っていながら経済的に困窮している学生を支援するための入試制度といえます。

評判を詳しく見る

名城大学

名城大学

名城大学の文系学部(法学部・経営学部・経済学部)は、入学金と授業料、施設費、授業料などをすべて合計して、初年度学納金が109万円となっています。国公立と比較すれば少し高くなりますが、私立大学としてはかなり安い部類に入るといえるでしょう。それでいて、就職率は87.0%とかなり優秀。間違いなくコスパに優れた私立大学の1つです。

評判を詳しく見る

松山大学

松山大学

松山大学の初年度納入金は合計で98万円となっています。私立大学の平均とされる131万円と比べれば、圧倒的にリーズナブルといえるでしょう。また、学業が優秀な学生に対してはスカラシップ制度を用意しており、授業料の半額または全額を免除するシステムも完備。もし授業料全免が認められれば、入学金、教育充実費の合計である37万円で入学することが可能になります。

評判を詳しく見る

千葉商科大学

千葉商科大学

千葉商科大学の商経学部は、初年度総額の学費が112万3,000円となっています。私大平均の131万円と比べれば、その安さは明らかですね。しかも、給費生試験を実施しており、通常より難易度の高い入学試験をクリアすれば、授業料の半額にあたる35万円が免除となります。もし給費生となれば、初年度の納入額は77万3,000円。国公立にも遜色のない学費になるんです。

白鴎大学

白鴎大学

白鴎大学の場合、通常の学費は約130万円となっており私大の平均程度。しかし、学業特待生という枠があり、選ばれれば初年度総額が83万5,000円まで減額されるようになっています。しかも、特待生の枠が大きく、おおむね全学生の3人に1人が学業特待生になっているほど。学生の上位1/3に入る自信があれば、国公立並の学費で進学できますので、検討してみてはいかがでしょうか。

評判を詳しく見る

拓殖大学

拓殖大学

初年度総額は114万8,300円となっており、私大の平均より20万近く安くなっています。その上、拓大は学内奨学金が充実しており、拓殖大学学習奨励金という給付型奨学生を76名という大きな枠で採用しています。この奨学金を給付してもらえば、年額25万円を補助してもらえるため、実質的な納入金は89万8,300円となるわけです。

評判を詳しく見る

九州産業大学

九州産業大学

たとえば国際文化学部、経済学部、商学部の場合、入学金、学費などを合計した初年度学納金は99万1,900円となっており、私大の平均と比べればかなりリーズナブルです。さらに採用者数295名という給付奨学金が用意されているので、採用されれば36万円が給付されます。実質的な学費を63万1,900円まで下げることも可能。学力に自信があれば、奨学金を狙ってみるのも手です。

東北公益大学

東北公益大学

初年度総額の額納金は112万円となっており、私立大学の平均と比べて20万円ほど低くなっています。それに加えて、全額免除奨学生制度が用意されているので、学力が高ければ授業相当額を免除してもらうことも可能。その場合、初年度の納入金額は47万円まで減額されることになります。ただ、全額免除の奨学生になるためには厳しい学力基準をクリアしなくてはなりません。

日本経済大学

日本経済大学

入学金、授業料、施設充実費などすべての納入金を含めた初年度の額納金が96万円(ただし、東京渋谷キャンパスは114万円)というのは私大としてはイイ線でしょう。しかも専願の推薦入試であれば入学金10万円が無料になって86万円に下がり、特待生になれば授業料までも免除になり24万円という信じがたいほどの値段に。

評判を詳しく見る

※当サイト独自の基準ですので、一般的な指標とは異なります。あくまで参考程度にとどめてください。

Q1:どの学部に興味がありますか?

次の質問へ

このページの先頭へ