立地が良い
大学ピックアップ紹介

大学を選ぶ際、無視できないのが立地です。どれだけキャンパスが立派でも、毎日通うだけで疲れてしまうような場所にあっては大学生活を充分に楽しめません。こちらでは日本全国の立地に優れた大学10校を当サイトの独自の基準でピックアップしていきたいと思います♪もちろん、立地の良し悪しは個人的な価値観によるところも大きいと思いますので、あくまで参考程度にとどめてくださいね。

明治大学

明治大学

明治大学は駿河台キャンパス、和泉キャンパス、生田キャンパス、中野キャンパスの4つを有していますが、このうち文系学部の一般学生が通学するのは駿河台、和泉の2ヶ所。それぞれ、お茶の水、明大前駅から歩いてすぐという好立地になっています。たとえ本校は都内一等地になっても、1~2年次は隣県や郊外にある、お世辞にもアクセスが良いとは言い難い、場合によっては周りに何もない島流しのようキャンパスで学ぶといった例も多い中、全学年を通じてこうした利便性の高い環境で学べるのは魅力的でしょう。

【キャンパスの立地】
駿河台:お茶の水
和泉:明大前

明治大学を詳しく見る

明治大学の
圧倒的な立地に注目!

明治大学の象徴ともいえるリバティタワーを擁する駿河台キャンパスはJRや東京メトロの御茶ノ水駅から徒歩3分。それ以外に千代田線の新御茶ノ水駅から徒歩5分、都営地下鉄および東京メトロの神保町駅からも徒歩5分という抜群の好立地を誇ります。都内の各所から容易にアクセスできる上、すべての駅から5分以内で行き着けるという驚異的な立地は、他の追随を許しません。
さらに主な文系学部の学生が1〜2年次に通学する和泉キャンパスについても、京王線の明大前駅から徒歩5分。京王本線を利用する場合は新宿、井の頭線を利用する場合は渋谷から容易にアクセスでき、利便性は圧倒的です。ちなみに新宿からは平均6分、渋谷からは平均7分で明大前駅に到着。複数のキャンパスに分かれていながら、そのすべてが交通アクセスに優れている明治大学。立地面で言えば、首都圏の私大でナンバーワンと言い切ってしまっても問題ないでしょう。都会的な大学生活を送りたい方にとって、まさに理想の環境がここにあります。

立地に優れた大学リスト

明治大学以外にも、立地が優れていることで高い人気を保っている大学は少なからず存在しています。学生から“立地が良くてうらやましい”と噂される大学、有名大ではないにもかかわらず抜群の立地を実現している中堅大学、などなど立地におけるアドバンテージを持っている学校をピックアップしてみました♪

日本経済大学

日本経済大学

立地の良い大学には難関大学が多いですが、こちらの日本経済大学は中堅大でありながら、抜群の立地を確保しています。福岡、神戸、都内と3つのキャンパスを構えていますが、特に都内の渋谷キャンパスは圧倒的。東京都を代表するターミナル駅、渋谷駅から徒歩3分という立地です。立地重視で大学選びをするなら、日本経済大学も有力候補になるでしょう。もちろん、学部によっては東京都以外のキャンパスになる場合もありますので、注意が必要です。

評判を詳しく見る

北海道大学

北海道大学

北海道という場所にあることをどう捉えるかは人によりますが、中心都市である札幌は大都会です。その札幌駅から徒歩7分というのは非常に恵まれた場所と考えて良いでしょう。実際、大学生に聞いた“立地&環境が良いと思う大学”アンケートで第7位にランクインしており、道内の大学生から抜群の支持を受けています。地方都市の大学では圧倒的な立地と考えて間違いないでしょう。

評判を詳しく見る

青山学院大学

青山学院大学

人気の秘密は、渋谷駅から徒歩10分、表参道駅から徒歩5分という抜群の立地を誇る青山キャンパス。都会的な生活に憧れている方にとっては、まさに夢のような環境といえます。ただし、文系学部の学生は1〜2年次で相模原キャンパスに通うことになりますので、青山キャンパスの環境を享受できるのは3年生になってから。それでも、相模原キャンパスと青山の両方を経験できるというのは楽しみでもありますね♪

評判を詳しく見る

東京大学

東京大学

“立地&環境の良いと思う大学はどこですか?”という学生アンケートで圧倒的1位に輝いたのが、この東大です。本郷キャンパスは本郷三丁目から徒歩6分、湯島駅から徒歩8分などなど地下鉄各線からアクセス抜群!1〜2年の教養課程を受ける駒場キャンパスについても京王井の頭線の駒場東大前駅からスグです。まぁ、誰でも入れる大学ではありませんが…。

評判を詳しく見る

東京富士大学

東京富士大学

一般的にターミナル駅から徒歩5分以内といった恵まれた場所にあるのは、大抵が名の知れた難関大学ばかり。しかし、中堅大学でも中には好立地の大学あるのです。この東京富士大学は高田馬場駅から徒歩3分という駅チカ!高田馬場は東京メトロ東西線とJRが通っている大きな駅ですし、街の規模も相当なもの。都会的な大学生活を送りたいという方にぴったりの大学です。

評判を詳しく見る

甲南大学

甲南大学

甲南大学のマネジメント創造学部が通う西宮キャンパスは、ネット上でも“立地が良い”と評判!周辺の駅ビルや屋根のある部分を選んで歩けば、かなりの土砂降りでも濡れずに大学まで行き着けるんだとか。関西の大学は駅からの距離が関東に比べて遠いことが多いのですが、この甲南大学西宮キャンパスは圧倒的な駅チカを誇ります。また、甲南大の他キャンパスについては平均程度の立地と言えますので、通学には不便ではないでしょう。

評判を詳しく見る

國學院大学

國學院大学

徒歩距離は10分程度と少しありますが、最寄りが渋谷駅というのは大きなプラスポイントでしょう。さらに國學院大學の場合、人間開発学部以外の学部は基本的に渋谷キャンパスへの通学となり、1年まるまる他キャンパスに通ったりする必要がありません。4年間の大半を渋谷で過ごせるというアドバンテージは、都会派の学生にとって何物にも代えがたい大きな価値といえるでしょう。

評判を詳しく見る

上智大学

上智大学

上智大学は四ッ谷駅から徒歩5分という圧倒的な好立地を誇っています。早慶という私大双璧に割って入り、早慶上智という3強へと上り詰めるのに、この好立地が良い意味で影響したのは間違いないでしょう。実際、慶應が1年次に神奈川県の日吉キャンパスであること、早稲田が駅から遠いことを忌避して上智大学を選ぶという層もほんとうに一部ですが、いるそうです。

評判を詳しく見る

学習院大学

学習院大学

駅からの徒歩距離で考えれば、都内でも随一の立地を誇ります。最寄りの目白駅から徒歩1分、走れば30秒という抜群の駅チカを誇ります。駅の改札を出て右を向けば、もうそこに大学の門が見えているというレベル。ネックは目白駅という駅自体にそれほど利便性がないことですが、山手線で両隣の駅がそれぞれ池袋駅、高田馬場駅なので、不便を感じることはまずないでしょう。

評判を詳しく見る

※当サイト独自の基準ですので、一般的な指標とは異なります。あくまで参考程度にとどめてください。

Q1:どの学部に興味がありますか?

次の質問へ

このページの先頭へ