国際交流
が盛んな大学
をピックアップ!

せっかく大学に行くんだから、交換留学や語学研修に参加してグローバル社会に適応できる人材を目指したい!そんなふうに意気込んでいる受験生に向けて、国際交流が盛んな大学ピックアップ10校を紹介しています!「外国語を理解しない者は自国語を理解しない」とはゲーテの言葉。異文化、多言語を知ることで比較対象を得ると、自文化、自国語をより深く理解することにもつながるのです。積極的な国際交流を経て、より深みのある人間を目指しましょう。

国際基督教大学(ICU)

国際基督教大学

国際基督教大学は“国際”という名前のとおり、世界中の大学と交換留学協定を結んでいます。交換留学ということは自分が留学するだけでなく、向こうからも留学生が多数来るということ。留学するほどの経済力がなかったり、留学する勇気がなかったりしても、普通に大学に通っているだけで国際交流のチャンスが訪れるのです!(2013年調査当時)

【主な提携校】
カリフォルニア大学
トロント大学
ベルリン自由大学
ロンドン大学

国際基督教大学を詳しく見る

国際基督教大学の
魅力はコレ!

国際基督教大学と交換留学協定を結んでいる大学は、なんと21ヶ国の66大学に上ります。一般に留学と聞くと日本から海外へ出ることばかりを考えがちですがICUの場合、交換留学協定なので、自分が留学しなくても向こうから留学生が来てくれるんです。そのため、特に留学までするつもりがないとしても、学校のキャンパス内で海外から来た留学生たちと国際交流を深めることが可能。協定校の中にはICUへの招聘のみ(向こうから留学生が来るだけ)という枠があり、メリーランド大学、ブラウン大学、ウィッテンバーグ大学など6校がそれに該当します。招聘のみの協定が結べるということは、実際に一定数の留学生がICUを訪れていると考えて間違いないでしょう。都内にいながらにして、世界中の学生たちとふれあえる…。そんな驚くべき環境がここにはあるのです。

国際交流の機会が豊富な大学!

下記数値等は2013年調査当時

国際基督教大学だけでなく、日本にはまだまだ国際交流に力を入れている大学が存在しています。ここでは、グローバルな活躍を志している受験生に向けて“国際色豊かな大学”をピックアップしてご紹介!是非、大学生活4年間をフル活用して、国内に留まらず世界で羽ばたく人材へと成長してください。

早稲田大学

早稲田大学

日本でもっとも多くの留学生を受け入れているのが、こちらの早稲田大学です。2012年の調査によれば、その数、なんと3,771名!そんな早大に入学すれば、キャンパス内にいるだけで国際交流のチャンスがそこかしこに転がっているといっても過言ではありません。また、国際教養学部という異文化交流を専門的に学ぶ学部が設置されているのも大きなポイントといえるでしょう。

評判を詳しく見る

フェリス女学院大学

フェリス女学院大学

世間ではお嬢様学校のようなイメージで見られがちなフェリス女学院大学ですが、実力面でも抜きんでており、国際交流を重視した大学の1つとして挙げられます。国際交流学部交際交流学科という学科が設置されており、交換留学制度がある他、カリキュラムに“オーストラリア現地実習”“アジア現地実習”といった授業も含まれています。長期留学するのが不安であれば、短期海外実習を選ぶのも良いでしょう。

評判を詳しく見る

日本大学

日本大学

みなさんも一度は聞いたことのある総合大学ですので、学生全員に国際交流を勧めているわけではありませんが、海外学術交流提携校の数は日本国内でもトップクラス。本人にやる気さえあれば、留学することは決して難しくありません。ただ、学部ごとに提携している海外の大学も多いため、自分が希望している大学が所属学部と提携しているかどうかを良く確認するようにしてください。主な提携先は北京大学、トロント大学、ロシア科学アカデミー、ハワイ大学など。

評判を詳しく見る

日本経済大学

日本経済大学

国際交流に力を入れている中堅大。最大の魅力は学術交流提携を行っている大学の質が非常に高いことです。主な提携校は、英オックスフォード大学セントアンズカレッジ、英ケンブリッジ大学フィッツウィリアムカレッジ、米ハーバード大学、そして中国の大連大学など。これら世界的な大学に留学できるチャンスがある大学の1つです。

評判を詳しく見る

静岡大学

静岡大学

静岡大学には国際交流センターという施設があり、常に海外への語学留学、交換留学を希望する学生を募っています。直近ではネブラスカ大学オマハ校への語学留学、シドニー大学短期集中コース、ロレーヌ大学への交換留学に参加する学生を募集していました。留学にあこがれを持っているのであれば、静岡大のように積極的に留学生を送り出している大学を選ぶことが大切です。

評判を詳しく見る

千葉大学

千葉大学

首都圏の難関国立大学として高い知名度を誇る千葉大学。こちらも国際交流に力を入れている大学の1つです。国際教育センターの公式サイトでは留学生のレポートを公開しており、2013年9月現在、スウェーデン・リンショーピン大学、ドイツ・ケルン応用科学大学、カナダ・アルバータ大学などに留学している学生たちの状況報告が掲載されています。留学の実情を詳しく知るためにも、一読してみては?

評判を詳しく見る

愛知淑徳大学

愛知淑徳大学

愛知淑徳大学では長期留学以外にも、3〜4ヶ月で特定カリキュラムを履修する長期海外履修制度、夏期休暇を利用して海外の講義に参加する短期研修プログラムなど、多様な国際交流制度を用意しているのが特徴。交換留学に行くほどの語学力がなかったり、年単位の海外生活が不安だったとしても、手軽に留学生活を味わうことができます。

評判を詳しく見る

中京大学

中京大学

中京大学の名古屋キャンパス国際センターにはユニークなラウンジが設置されています。1つはサローネと呼ばれるラウンジで、日本語の使用が禁止されている交流スペース。英語を中心とした外国語を用いて触れあう異文化交流施設です。もう1つがアゴラという外国人留学生の集うラウンジ。日本人学生も入場可能で、貴重な国際交流の場となっています。

評判を詳しく見る

九州大学

九州大学

旧帝大の1つであり、日本を代表する難関国立大として知られている九州大学。ここ九大の国際部では、短期語学留学やサマースクールの参加者を常に募集しています。米カリフォルニア、韓国、中国などのメジャーな国はもちろん、2週間東南アジア留学といった他大学では珍しい語学留学も扱っているのが特徴。タイ語・タイ文化集中講義といったプログラムも実施しています。

評判を詳しく見る

※当サイト独自の基準ですので、一般的な指標とは異なります。あくまで参考程度にとどめてください。

Q1:どの学部に興味がありますか?

次の質問へ

このページの先頭へ