公募推薦
で賢く合格!
大学紹介

こちらでは公募推薦を利用することで有利に合格できるオススメの大学を紹介!高校の評定平均など諸条件はあるものの、これらの条件さえ満たしていれば一般入試より合格しやすいとされています♪

立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学は日本人学生と留学生が半々ずつ在籍するという国際色豊かな大学です!そういった個性的な学風ということもあり、公募制推薦型の入学試験を非常に重視!小論文と面接によって合否判定する総合評価方式の入試や、高校時代の生徒会活動、部活など過去の実績を審査する活動実績アピール入試が用意されています。

立命館アジア太平洋大学を詳しく見る

立命館アジア太平洋大学の公募推薦

大分県にある立命館アジア太平洋大学は、関西の有名私大である立命館大の系列校!偏差値は50〜55と本家立命館には及ばないものの、上位大学の一角を占めています。もともと首都圏や関西圏以外は集める学生の数に限界があるため、どうしても偏差値は低めになりがち。それを加味すれば55近い偏差値は充分すぎるほどでしょう。事実、九州では西南学院大学に次ぐNo.2クラスの私大であり、企業からの評判も上々です。
二言語習得に力を入れているほか、TOEICで550点以上のスコアを取れば海外留学の機会が得られるなど、国際交流に特化した大学です。グローバル社会の中で活躍したいという方にオススメの学校といえるでしょう。現時点で偏差値55の学力がないとしても、推薦入試であれば突破できる可能性は充分!一般受験との両にらみで狙ってみてはいかがでしょうか?

まだまだある!公募推薦で有利に入れる大学

推薦受験を利用することで合格率を高められるのは、立命館アジア太平洋大学だけではありません!他にも多くの大学が公募推薦入試を導入しており、場合によっては一般受験より有利に合格を勝ち取ることができるのです。緊張しやすく、一発勝負の試験では実力を発揮できないというタイプの方にもオススメ♪

上智大学

上智大学

首都圏最上位の私大、早慶上智の一角。公募推薦入試に出願するためには、ほとんどの学部で高校の評定平均4.0以上が要求され、さらに英検2級、TOEICスコア500以上といった資格試験による制限もあるため、出願する時点で難易度は高め…。ただ、事前に範囲を分かっている高校の定期試験が得意なら、推薦を狙うのも良いでしょう。(出願資格等は2013年調査当時)

評判を詳しく見る

津田塾大学

津田塾大学

津田塾大学では、自分の活動歴、自己PRを含む1,200字以内の志望理由書、さらに1,500字以内の小論文を送り、1次選考に通れば一般受験とは別枠の推薦試験を受けることが可能です。2次試験は英語の資料読解を含む小論文、課題英作文、そしてグループ面接が課されます。普通の受験生にとっては下手をすれば一般受験より難しい試験かもしれませんが、他の科目はともかく英語だけは得意という方は有利になるでしょう。

評判を詳しく見る

同志社大学

同志社大学

関西圏の上位大、関関同立でトップといわれている大学。学部ごとに公募推薦出願の条件が細かく分かれており、たとえば法学部ならTOEIC700点以上、英検準1級、ドイツ語検定2級、フランス語検定2級のいずれかを必要としているなど、敷居は高め。ただ、これらの条件さえ満たしていれば水物の一般入試より確実性が高いので、チャレンジする価値は充分!(出願資格等は2013年調査当時)

評判を詳しく見る

学習院大学

学習院大学

学習院大学の中で公募推薦を行っている文系の学部は文学部のみ。ただ、必要な評定平均が大半の学科で3.8以上、仏語圏文化学科は3.5以上となっており、大学のレベルのわりに敷居が低いのが特徴です。試験内容は小論文と面接なので日本語の表現力に自信があれば高い確率で合格できるでしょう!(出願資格等は2013年調査当時)

評判を詳しく見る

東海大学

東海大学

首都圏の中堅大学として高い知名度を誇る東海大学。公募推薦に出願するために必要な評定平均は3.5以上が目安となっています。試験内容は小論文、面接ですが、論文は60分800字以内となっており、それほど長くないため、ある程度の準備をしてあれば合格できる望みは充分にあると思います♪(出願資格等は2013年調査当時)

評判を詳しく見る

中央大学

中央大学

首都圏難関大MARCHの一角を占める人気大学。公募推薦を行っているのは総合政策学部で、書類選考に通れば英語の基礎力を確認する試験と面接を含むプレゼンテーション試験だけで合否判定が行われます。英検準1級、TOEIC700点といった基準を満たしていれば英語の試験は免除となるので、有資格者の方は積極的に狙ってみましょう!(出願資格等は2013年調査当時)

評判を詳しく見る

獨協大学

獨協大学

二言語習得に力を入れている獨協大。公募推薦においては出願する学科に必要な技能をすでに習得していることが出願条件となっています。要するにドイツ語学科ではドイツ語既修者、経済学部では簿記検定や情報処理検定を取得している者といった具合。非常に出願条件は厳しいですが、その条件さえ満たしていれば他科目が苦手でも望みがあるということですから、得意不得意がハッキリしている方にオススメ!

評判を詳しく見る

京都産業大学

京都産業大学

関西の有名中堅大群、産近甲龍に属しています。京産大の公募推薦は学力試験が免除になるわけではありませんが、基礎考査という一般入試に比べて難易度の低い試験になるので、学力に多少の不安があっても大丈夫。総合評価型では基礎考査の得点と調査書を合算、基礎評価型では基礎考査の得点のみによって合否判定が行われます!

近畿大学

近畿大学

関西の有名私大、産近甲龍の1つ近畿大学。近大は公募推薦の枠が大きく、なんと全体で5,139名が推薦枠。一般前期B日程の4,067名よりも多いのです。また、高等学校長の推薦書が必要とはいえ評定平均に縛りがないため、出願の敷居が低いのも特徴♪ただし、学力試験がなくなるわけではなく、英語と学科ごとに決まった1教科の2科目にわたる試験を受けることが必要。おおよその合格ラインは65〜75%となっています!(人数や合格ライン等は2013年調査当時)

評判を詳しく見る

※当サイト独自の基準ですので、一般的な指標とは異なります。あくまで参考程度にとどめてください。

Q1:どの学部に興味がありますか?

次の質問へ

このページの先頭へ